プロダクトの外で行う、プロダクト体験の検証について

こんにちは、almaで現在マーケットリサーチチームに所属しているココディーです。

almaでは全ての職種がプロダクトとユーザーを中心に動いていくことを想定しており、以下のデザインケースでも触れているように、俗に言うビジネスサイドのような区切りを置いていません。

その中で活動するマーケットリサーチチームの1つの役割は「プロダクト外の体験をデザインすることで、プロダクトで実現したい体験の検証を進める」ことです。

今回は先日開催したイベント「インハウスデザイナー酒場」のリリースを例にして、プロダクトに能動的に関わるためのビジネスデザイナー的動き方についてまとめていきたいと思います。

プロダクトだけでは検証しきれない体験を、プロダクトの外に切り出して検証する

2021年6月ごろから、新しくCocodaのコンセプトを策定していました。

新しいCocodaのコンセプトづくりについてはこちらのデザインケースにまとまっています

コンセプトの変更に伴って、Cocodaのプロダクトを通してつくりたい新しい体験を以下のような流れとして設定していました。

サービスの設計に関わる人が業務中に日々感じる「どうやって進めていけばいいか」という悩みを持った時に、Cocodaに来て、自分に合うデザインケースを見つけ、業務がうまくいくことでまた困った時にCocodaを訪れるようになる、という体験の流れです。

一見綺麗なループに感じますが、そもそも現状だと「Cocodaで自分に合うケースを見つけて参考にすることができる」という認知をユーザーから持たれていなかったため、ただプロダクトをリリースするだけでは体験が回らないのではないかという仮説を持ちました。

そこで、プロダクトだけでは進みづらい検証を、プロダクトの外に体験を切り出すことで進めようとしたのが今回の取り組みでした。

大事にしていた以下の3つのポイントに沿って、どのようにプロダクトの外に体験を切り出して検証を進めたのかをまとめていきます。

プロダクトの体験をギュッと濃縮した体験づくり

問題として定義していた「ユーザーがCocodaのデザインケースを認知していない」に対して、どのような体験を提供すれば良いか考えた結果、「Cocodaでできる体験をギュッと濃縮して擬似体験してもらう」という方向性に落とし込みました。

Cocodaでできる価値をまだ体験したことがある人が少ないため、Cocodaでデザインケースを見つけて参考にするような体験を、まずは一度体験してもらうことが大事だと考えました。

テーマとして「Cocodaをギュッと濃縮、擬似体験」を掲げ、Cocodaに掲載されているデザインケースのような話を聞けるイベントを設計していくことにしました。

そこで、お世話になっているパラレルの槙野さん、槙野さんのご紹介でエウレカのちほこさんにイベントについてお声がけさせていただき、お二人に普段取り組んでいるデザインの裏側をお話いただけることが決まりました。(大感謝・・・!)

(補足的ですが、プロダクトの体験を再現するために外部の協力してくださる方を巻き込むこともプロダクトの外で動けるビジネスデザイナーだからこそできる大事な動きだと考えています。)

プロダクト目線ではなく相手目線のコンセプトづくり

「Cocodaをギュッと濃縮、擬似体験」というテーマが決まった上で、イベントのコンセプトを落とし込んでいきました。

今回、Cocodaを認知していない人にも興味を持ってもらう必要があったので、Cocodaというサービスを全面に押し出すのではなく、ユーザー目線でコンセプトに落とし込む必要がありました。

プロダクトの前提を外して、Cocodaを利用した時に一番価値を感じるであろうインハウスデザイナーの方の課題について改めて考えていきます。

  • 普段から悩みを持っているけどチームのメンバーとは共有しづらい
  • 気軽に他のデザイナーと業務のことを話せる状況にない

このような課題を解決する手段として「インハウスデザイナーが集まり、自分たちの悩みや日々感じていることを話し合える場所」をつくると良いのではないかと考え、気軽に素のままで生々しいことを話せる場所のモチーフとして「酒場」を選びました。

結果として「インハウスデザイナー酒場」というコンセプトに決定しました。

プロダクトの外の体験を作る際も、プロダクトをつくる時のように「課題→解決策→モチーフ」の順序でコンセプトに落とし込むことで、ユーザーの心に刺さる体験に落とし込むことができると考えています。

参加のハードルを感じさせないクリエイティブ

コンセプトと同様に、まだCocodaの認知がない人にもハードルを感じずイベントに参加してもらうために、インターフェースとなるクリエイティブもできるだけくだけた雰囲気にする必要があると考えていました。

コンセプトやつくりたい雰囲気をモチーフである「酒場」のイメージと一緒に伝えながら、デザインをグレイテストヒロキと一緒に落とし込んでいきました。

サムネイルだけでなく、オンラインイベントのZoom背景や、イベント中に酒場的に語り合える場所としてMiroにスペースを用意しました。(グレイテスト先生大感謝・・・)

プロダクトの外の体験だからこそ、クリエイティブも比較的自由な発想で扱うことができます。ビジネスデザイナーがクリエイティブまで扱えるようになることでより実験の幅を生むことができると考えています。

イベントの開催とその後

設計を終えて、無事イベントを開催することができました。

https://dezasaka.peatix.com/

結果的に1日で75名の参加者が集まり、コンセプトや体験自体が回りそうなことが確認できました。継続的に今後もこのようなイベントを開催していこうとしています。

イベントの様子

イベントに参加してくれた方の声

イベント後、認知が少しずつ生まれてきていて嬉しい声

プロダクトの体験検証を、プロダクトの外からも押し進める

今回のような取り組みを日々繰り返していきながら、almaのマーケットリサーチチームではプロダクトづくりに関わっています。

一番意識したいこととしては「全ての職種がユーザー体験づくりに関われる」ということです。
「プロダクトはリリースをすれば終わり」「ビズサイドは売ったら終わり」のような考え方ではなく、プロダクトの外からでもユーザー体験やプロダクトに関わる姿勢が重要だと思っています。

また、例えばプロダクトをリリースするだけでは不十分な体験であったとしても、プロダクトの外の体験から補うことで検証を早めることができます。

全ての職種が連携してユーザーとプロダクトを中心にサービスをつくっていくことで、プロダクトがマーケットに受け入れられるまで最速で進めることができると考えています。

almaのマーケットスクラムはそのようなプロセスに関われるすごく面白いポジションなので、今後も引き続き取り組んでいきたいと思います!(一緒に働きたい方も募集しております〜〜〜!)

もし興味を持ってくれた方がおられたら、他のalmaのデザインケースもぜひ見てみてください〜!

ストック

0人が追加済み

所属チーム